ウォーターサーバーのボトルの比較

ウォーターサーバーのボトルには、ガロンタイプとボトルタイプの2種類のものがあります。
それぞれの持つ特徴を考慮し、ウォーターサーバー選びに役立てて下さい。

 

■ガロンボトルの特徴

 

ガロンタイプの形状は丸い寸胴で、変形しにくく衝撃に強いと言う特徴があります。
このボトルは、大きな形をしていますが、業者の方が水を交換する時に回収して下さるため、空き容器が、たくさんたまってしまうような事はありません。
空きボトルは、ゴミに出す必要は全くないのですが、次の回収日まで保管しておかなければならない事や殺菌や消毒をする際に、有害物質が溶けているのではないかと言う指摘をされている事などは、やはりデメリットであるかも知れません。
もちろん、有害物質についての検査はしっかり行っている業者さんがほとんどですので、料理や赤ちゃんのミルク作りに利用されていらっしゃる方々にも人気があります。
また、エコの観点から考えると、再利用出来ると言うのは重要な事かも知れません。

 

■ワンウェイボトルの特徴

 

ワンウェイボトルの形状は四角で、柔らかめの素材で作られています。
空きボトルは、業者さんに返却しなくても良いため、利用し終えたら資源ゴミとして処理する事が出来ますので、自宅に保管する必要もありません。
ほとんどの場合、ぺしゃんこに潰せるタイプのボトルですので、かさばってしまうこともありませんし、使いきりタイプですので、とても衛生的です。
また、ワンウェイボトルに入っている水の場合は、ほとんどが国産のものであるため、清潔な状態の新しい水を利用する事が出来ます。

 

衛生面を徹底させたい場合は、ワンウェイボトル、エコを重視するなら、ゴミが出ないガロンボトルと言ったところでしょうか。
もちろん、ガロンボトルの場合も、衛生面には最大限の注意をしていますので、心配するほどではありません。

青汁の特定保健用食品と栄養機能食品

青汁の特定保健用食品と栄養機能食品
昨今、健康食品には様々な定めが設けられており区分されています。健康食品は薬ではなく、法律上食品なのです。健康食品は、健康の保持増進に資する食品として販売利用されるとしています。
まず特定保健用食品、略してトクホはよく耳にするのではないでしょうか。トクホは消費者庁長官の許可を受けて定められています。トクホは特別用途食品に含まれており、これは健康増進方に基づいくとされています。特別用途食品とは、病人、乳児、妊婦などの特別な用途に適するように作られた食品のことを言います。そのため他の食品と異なり、生理学的機能などに影響を与えやすくなっており、血圧を正常に維持する働きを行なったり、コレステロール値の上昇を抑えたり、整腸作用に効果があったりなど身体の機能を改善するために働きかけます。そのため、商品化されるまでに、様々な審査を受けて安全性を確かめられています。
もし医師など治療中の場合は、まず医師に相談してからはじめてください。またトクホを薬だと誤解しながら利用する人がいますが、健康食品なので注意しましょう。
栄養機能食品とは、食品衛生法に定められた基準を満たした食品のことです。栄養機能食品は、ビタミンやカルシウムなどの栄養成分の補給や補完のために利用する食品のことです。条件さえ満たしていれば、許可や申請などは不要なのです。
トクホの青汁はまだ多く存在しません。しかしトクホは厳しい基準を通過してきた健康食品なので、安全性や有効性は信頼しても大丈夫でしょう。
また、青汁は痛風にもいいといわれていますので、尿酸値の気になる人にもおすめです。
痛風対策はこちらのサイトが詳しくてお勧めですよ。尿酸値の気になる人はあわせてどうぞ⇒http://xn--vckvb3bzb4b1c9928emgqc.net/

 

更新履歴